tel028-645-2148

栃木県宇都宮市西川田6丁目5-7
こばと保育園について

食事・ミルク・アレルギー等について

  • 宇都宮市の献立をもとに、栄養士が献立を作成します。園内で調理専門の職員が出来立て給食を用意します。
  • 粉ミルクは園で購入しています。月齢・おなかの状態によってミルクを変えています。(明治ほほえみ・フォローアップミルクステップ・下痢のときにはラクトレスを使用。様子を見てミルク会社を変える場合もあります)
  • 母乳育児中の保護者様へ・・・入園後は保育園の職員が哺乳瓶で授乳します。乳児は水分が不足するとすぐに体調を崩してしまいますので、哺乳瓶に慣れていないと入園後のお子様の健康状態が心配になります。 哺乳瓶で飲ませることができるように、入園前にご家庭で必ず練習しておいて下さい。
  • 健康的な生活リズムづくりのため、ご家庭でも毎日3食ほぼ同じ時間に摂るように努めてください。
  • 給食は、食中毒防止のため調理後速やかにいただくことになっています。病院診療などで登園が12時すぎになる場合、お食事をとってきてください。
  • 食物アレルギー調査票を、入園時と一年に一回提出していただいています。
  • 食物アレルギーのあるお子様は、医師の診断書、給食対応指示書をご提出いただき、除去食など可能な限りで対応しますので、ご相談ください 何か心配がある方は、ご相談ください。

体調が悪い時の給食対応について

日頃園では、保護者と保育園職員がお子様の発達の様子や体調をよく見て、相互に連絡を取りながら食事を用意していて、お腹の調子が悪い時などに、「乳製品を控える」ことや「消化の良いものだけを食べさせること」を希望することができます。しかし、希望が多くなり混乱が生じやすい状況になってきました。
それなので、給食の希望を「給食配慮依頼票」でやり取りさせていただきたいと思います。与薬依頼票のように、コピーしてご使用ください。ホームページからダウンロードもできます。
尚、園だけで配慮していても体調改善効果はありませんので、ご家庭でも同様の配慮をお願いします。ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

給食配慮依頼票

登園してはいけない主な病気

インフルエンザ
発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで
※鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く
百日咳
特有の咳が消失するまで。又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹
解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
  (おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹
発疹が消えるまで
水痘
  (みずぼうそう)
すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱
  (プール熱)
主要症状が消えてから2日を経過するまで
結核
病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性
  髄膜炎
病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで

保健のおねがい

  • 法定伝染病にかかってしまった場合は、必ずお知らせください。治癒証明書を
    もらってからの登園になります。
  • 集団生活なので、出席停止の病気でなくても、高熱があったり、食べたり 飲んだりすることができない場合は,お預かりできません。
    自宅療養をお願いします。
  • また、お仕事の都合で緊急連絡先など変わる場合は必ず教えてください。
    万が一の為に必ず常に連絡が届くようにして下さい。
  • 「坐薬は,特別なお医者様からの診断書がある場合のみ入れてあげられますが,それ以外は入れてあげることができません。(解熱剤など)ご了承ください。
  • 予防接種をしたら、健康記録票に記録しますのでお知らせください。
  • 毎月身体測定を行っております。
    測定結果は・・・
    3歳児以上はおたより帳の後ろのページに
    ひよこ・ひばり・あひる組は連絡帳でお知らせいたします。

★発達には個人差があります。園でも成長を記録していますが、ご家庭でも発達曲線にそって伸びているかどうか、少し長い目でご確認ください★

お薬の扱いについて

  • 出来るだけ、園で飲まないで済むように、医師に1日2回処方への変更は可能か、ご相談下さい。
  • やむを得ず、与薬を依頼したい場合は、下記のやり方を厳守して下さい。
  • 登園時に、薬を職員に手渡してください。
  • 「与薬依頼票」をもれなく記入して、薬の成分表のコピーを添付して、一回ずつ小分けした薬に名前をはっきり書いて、お持ち下さい。
    ・誤飲を防ぐため,スムーズに飲ませられるようにするためです。
    ・成分表はコピーのみお預かりします。 ・成分表のコピーは、1日目と同じ薬なら2日目の提出は要りません。
    ・薬が変わった際には、新しい成分表を提出して下さい。
  • お子様が一回も飲んだことがない薬は、お預かりできません。
  • お医者さんからの処方箋のみ飲ませることができます。
  • これらのやり方を、守っていただけない場合、飲ませられない事があります。
  • 「与薬依頼票」の原本をお渡ししますので、各ご家庭でコピーをしてご用意くださるようご協力お願い致します。
  • 「与薬依頼票」はこのページからもダウンロードできます。
お薬について 与薬依頼票

安全対策について

事件・事故を未然に防ぐことが、園の重要課題の一つです。園と家庭・地域で 一体となって子どもの命・安全を守っていきたいと思います。子ども達の安全 確保のためご協力をお願いいたします。

  • いつもと違う方がお迎えに来る場合は、必ずご連絡ください。連絡のない場合はお子様を引き渡しできない場合がございます。
  • 毎月の避難訓練と不審者対策訓練・公民館への移動避難訓練を行っています。
  • 出入り口は必要のない時は施錠しますので、インターホーンを鳴らして下さい。
  • 玄関ゲート上部の鍵も出入りのたびに必ず掛けてください。
  • 園の付近で、不審者を見かけた場合はご連絡ください。
  • 不審者を園児に近づけないようにするための催涙スプレー・対峙用防護盾・さすまたなどがあります。
  • 夜間はセコムの監視システムを依頼しています。
保護者ページログイン 入園について 情報公開 submenu